芝地の雑草の見分け方と防除 (4)

−メヒシバの仲間−

<はじめに>

 今回は春に芽を出すメヒシバ類について見てみる。

メヒシバは「雌日芝」の意味で、オヒシバ「雄日芝」に対比する呼び名で、オヒシバに比べ弱々しい感じがすることからついたもので、「日芝」は日のよく当るところに生えるという意味である。メヒシバは乾燥で他の雑草が枯れても盛んに繁茂している夏の代表的な強害草である。アキメヒシバはやや遅れて、主に秋に穂を出すことからこの名が付いた。コメヒシバはメヒシバに比べ全体が小形であることから名づけられたものである。


<共通点>

 イネ科一年草。属名のDigitariaは“指”の意で、稈は単一で、花序が頂に掌状に数個つき、花軸が細いのでこの名がついているようだ。


<見分け方>

 葉鞘の毛の有無、花穂のつき方、軸のようす、小穂の形状、大きさなどで見分けられる。

メ ヒ シ バ

草丈40〜80cmで、3種の中で最も大きくなる

茎の下部が横に長くねて先が立。節ごとに根を出す。

葉身の長さ8〜20cm、幅5〜15mm。一番幅の広いところは基部近くにあり、色は白っぽい緑色で、質は柔らかい

葉鞘に長い毛がある。(8月)

葉が丸みを帯びる。(5月)

小穂は披針形で、淡緑色ときに褐色。長さ3〜3.5mmほどで、第1苞穎はほぼ三角形(○印の中)。護穎の両縁に特に長い毛(←)がある。

ア キ メ ヒ シ バ


右:アキメヒシバ  左:エノコログサ

葉がメヒシバに比べて細長い。(5月)

幼苗期はエノコログサと間違いやすい。

草丈20〜50cmで、大きさは3種の中で中くらい。葉身の長さ6〜12cm、幅5〜10mmで、披針形で無毛。先が尖り質は固い葉鞘は無毛。(8月)

小穂は卵状楕円形でやや先が尖る。長さ1.5〜2mmで、一番小さく、全体に短毛があり、通常は赤紫色を帯びる。

コ メ ヒ シ バ

メヒシバの小形。(5月)

草丈10〜30cm、葉身の長さ3〜5cm、幅4〜8mmで、一番小形。一番幅の広いところはほぼ中央部付近にあって基部に向かい細まり、質は薄く柔らかい。鞘口付近に毛。(9月)

護穎は最も大きく披針形で5脈あり、緑色。第1苞穎は微小または消失。長さ2.5〜3mmで、両縁に毛がある。

三 種 の 比 較

左:コメヒシバ 中:アキメヒシバ 右:メヒシバ  (10月)

コメヒシバは花穂が2〜3個で1カ所から出る穂軸のヘリは平滑でざらつかない。

アキメヒシバは花穂が3〜7個で1または2段につく。穂軸のヘリは少しざらつく。

メヒシバは花穂が5〜12個で中軸が伸び2または3段になってつく。穂軸のヘリはざらつく

上の写真:第1苞穎側から見た小穂

下の写真:第2苞穎側から見た小穂

写真内 上:メヒシバ

    中:アキメヒシバ

    下:コメヒシバ


3種の比較をすると下の表のようになる。


 

メヒシバ

Digitaria ciliarisKoeler

アキメヒシバ

Digitaria violascens Link

コメヒシバ

Digitaria timorensis Balansa

幼苗

葉が丸みを帯びる。

葉がメヒシバに比べて細長い。

メヒシバの小形。

草丈

3種の中で最も大きくなる。

3種の中で中くらい。

3種の中で最も小形。

下部が横に長くねて先が立つ。
節ごとに根を出す。

根際で分けつして広がり、先で直立してくる。
普通節からは根を出さない。

メヒシバより繊細。
下部は横にはい節から根を出す。

葉身の長さは一番長く、一番幅の広いところは基部近くにあり、色は白っぽい緑色。
質は柔らかい。
葉鞘に長い毛がある。

葉身の長さは中くらいで、披針形で無毛。
先が尖り質は固い
葉鞘は無毛

葉身の長さは一番短く小形。一番幅の広いところはほぼ中央部付近にあって基部に向かい細まる。
質は薄く柔らかい
鞘口付近に毛がある。

花穂

5〜12個で中軸が伸び2または3段になってつく。
穂軸のヘリはざらつく

3〜7個で1または2段につく。穂軸のヘリは少しざらつく。

2〜3個で1カ所から出る
穂軸のヘリは平滑でざらつかない。

小穂

披針形で、淡緑色ときに褐色。
第1苞穎はほぼ三角形
護穎の両縁に特に長い毛がある。

卵状楕円形でやや先が尖り、一番小さい。
全体に短毛があり、通常は赤紫色を帯びる。

護穎は最も大きく披針形で5脈あり、緑色。
第1苞穎は微小または消失
両縁に毛がある。

その他

日光の良く当る場所で多く見られる。

秋に穂が出る。

日光の弱い場所で多く見られる。

    は見分け方の重要点を示す。



<発生生態と防除>

 当研究所ではメヒシバが以前は多かったが、最近ではアキメヒシバが多くなっている。

 下のグラフは、昨年4月5日に一昨年採取したメヒシバ、アキメヒシバ、コメヒシバの種子を、砂土を充填した素焼き鉢に100粒ずつ播種し、底面給水にて発生調査したものである。播種時期が少し遅かったかとも思われるが、発生状況の比較の参考としてのせる。

 メヒシバがアキメヒシバよりやや早く発生し、コメヒシバの発生はかなりばらつく。アキメヒシバと同じ頃エノコログサも発芽し、幼苗期は区別しにくい。エノコログサの方が質が硬く、しばらくすると立ち上がってくるので分かる。


 メヒシバ類の防除には、基本的に発生前処理剤で発生させないことが重要である。コウライシバ、ノシバ内で発生した場合には茎葉処理剤を、なるべく生育初期に処理する。アシュラム(アージラン)液剤を使用する場合に、ベースの芝にティフトンが混入していると変色し、目立つことになるので使用は控える。

 ベントグリーン内でメヒシバ、アキメヒシバが発生すると有効な茎葉処理剤はない。そのため発生してしまえば手取り除草しか方法はなくなる。毎年ベントグリーン内にメヒシバ、アキメヒシバの発生が多いところでは発生前土壌処理剤の処理が必要で、特にアキメヒシバの発生が多いところでは少なくとも2回処理が必要である。