6月に注意すべき病害

ベントグラス / コウライシバ・ノシバ / ベントグラス・コウライシバ・ノシバ
ベントグラス
 炭疽病  発生初期には黄色の不定形パッチを形成する。殺菌剤処理では薬剤耐性菌の出現を避けるために、作用機構の異なる3剤以上でのローテーション散布が必要。

 ダラースポット病  発生初期のスポットは直径1p程度で、徐々に面積を拡大しさらにスポットが融合し裸地化する。朝に露が乗るような環境でダラースポット病は活性化し、スポットに蜘蛛の巣状の菌糸が見られることがある。薬剤耐性菌が出現しやすく、殺菌剤散布する際は作用機構が異なる3剤以上でのローテーション散布が必要。

 葉腐病(ブラウンパッチ)  降雨後に褐色のパッチが目立つ。縁が暗緑色になっていると活性が高い。激発した場合、パッチの内部が裸地化する。進展が速いので発生時には早めに薬剤対応。

 ピシウム病  葉は黒味を帯びて軟腐。赤焼病とは異なり急激な進展はないものの、発生時には早めの薬剤対応が必要。

 赤焼病  初期は黄色小型の楕円形パッチ、パッチは次第に赤みを帯びて拡大。6月でも高温多湿が続けば発生。

 細菌性病害  葉枯細菌病と褐条病が発生。一般に風通しや排水の改善、刈高を上げるなどの耕種的対策が有効。治療剤に抗生物質があるが、高温時に散布すると薬害が出ることがある。発生後の予防剤散布は感染していない芝の保護に有効。

コウライシバ・ノシバ
 ダラースポット病  例年通りの梅雨入りで降雨が多い場合は、発生しやすい。フェアウェイ全面でなくとも目立つところは適用のある薬剤を散布。

 葉腐病(ラージパッチ)  気温が高く降雨が続く時には発生や拡大に注意。殺菌剤の残効切れになる場合には薬剤散布が必要。張り替えを行った後に散水が必要になり、病原菌が好む環境になるため予防散布が必要。

 葉枯病  降雨により激発することがある。発生個所や発生程度によっては薬剤散布が必要。

ベントグラス・コウライシバ・ノシバ
 フェアリーリング病  病原菌の菌糸が土壌の深くまで生息しているため、登録範囲内の多い水量で散布する方がよい。 ※7月のベントグラスでは今月に引き続き炭疽病、ダラースポット病、ピシウム病、細菌病(葉枯細菌病、褐条病)が発生し、新たにイエロースポットが認められる。日本芝では引き続きラージパッチ、葉枯病が発生する。



5月に注意すべき病害

ベントグラス / コウライシバ・ノシバ / ベントグラス・コウライシバ・ノシバ
ベントグラス
 ダラースポット病  露などでターフ表面が長時間湿度の高い状態や極度のN不足を避ける。毎年、激発し防除に困る場合には、5月初めから菌密度を上げないため予防散布を開始し、本病の発生期間中には定期的に作用点が異なる3剤以上の殺菌剤をローテーション散布するとよい。。

 細菌性病害  通常、かさ枯病は5月前半で終息する。葉枯細菌病は引き続き発生、褐条病は5月から見られる。褐条病は診断が難しいので、困る場合には研究所に連絡を。全般的に風通しの改善、刈高を上げるなどの耕種的対応が有効

 炭疽病  先月に引続き発生。初期は黄色であるが徐々に赤みを帯び、縁がはっきりしない小型不整形のパッチを形成。融合しながら拡大していく。

 ピシウム病  水みちに沿って発生する事が多い。赤褐色から黒味を帯びたパッチで、葉は軟腐する。

 立枯病(テイクオールパッチ)  補修用に播種した比較的若い芝やインターシードした芝に見られる。初期は黄色、後期は褐色の円形パッチを形成する。

コウライシバ・ノシバ
 葉腐病(ラージパッチ)  先月から引き続き発生。降雨後は特に注意が必要で予防散布が有効。3、4月に予防散布を行った場合は5、6月の残効切れになるころに再散布する。また、張り替えやバーチカルを行った後には、予防散布が必要。

 疑似葉腐病(春はげ症)  春の薬剤散布はほとんど効果がないが、これに散水やコアリングなどを組み合わせると回復促進効果が期待できる。

 立枯病(ゾイシアデクライン)・ネクロティックリングスポット病:  秋の予防的薬剤散布が最も有効。しかし、春の散布も効果があり発生後でも回復を早める。葉鞘部や根部に感染する菌であり、薬剤を届かせるために浸透剤の加用や登録範囲内で多い水量での薬剤散布は有効と思われる。

 葉枯性病害:  降雨後に激発することがある。本病により裸地になることは少ないが、発生する場所や程度により薬剤散布が必要。
ベントグラス・コウライシバ・ノシバ
 フェアリーリング病  前年度の激発箇所には早めの薬剤散布が望ましい。薬剤やリングの種類によっては少水量では十分な効果が得られない事があるので注意。 ※6月のベントグラスには上記の病害に加えブラウンパッチ、気温が高ければ赤焼病も発生。