6月に注意すべき病害

ベントグラス / コウライシバ・ノシバ / ベントグラス・ノシバ・コウライシバ共通
ベントグラス
 炭疽病  発生初期には黄色の不定形パッチを形成する。殺菌剤処理では薬剤耐性菌の出現を避けるために、作用機構の異なる2剤以上でのローテーション散布が必要。

 ダラースポット病  発生初期のスポットは直径1p程度で、徐々に面積を拡大しさらにスポットが融合し裸地化する。朝に露が乗るような環境でダラースポット病は活性化し、スポットに蜘蛛の巣状の菌糸が見られることがある。薬剤耐性菌が出現しやすく、殺菌剤散布する際は作用機構が異なる2剤以上でのローテーション散布が必要。

 葉腐病(ブラウンパッチ)  降雨後に褐色のパッチが目立つ。縁が暗緑色になっていると活性が高い。激発した場合、パッチの内部が裸地化する。進展が速いので発生時には早めに薬剤対応。

 ピシウム病  葉は黒味を帯びて軟腐。赤焼病とは異なり急激な進展はないものの、発生時には早めの薬剤対応が必要。

 赤焼病  初期は黄色小型の楕円形パッチ、パッチは次第に赤みを帯びて拡大。6月でも高温多湿が続けば発生。

 細菌性病害  葉枯細菌病と褐条病が発生。一般に風通しや排水の改善、刈高を上げるなどの耕種的対策が有効。治療剤に抗生物質があるが、高温時に散布すると薬害が出ることがある。発生後の予防剤散布は感染していない芝の保護に有効。

コウライシバ・ノシバ
 ダラースポット病  昨年のように梅雨入りが遅く降雨が少ない場合には発生は少ないが、例年通りの梅雨入りで降雨が多い場合は、発生しやすい。フェアウェイ全面でなくとも目立つところは適用のある薬剤を散布。

 葉腐病(ラージパッチ)  気温が高く降雨が続く時には発生や拡大に注意。殺菌剤の残効切れになる場合には薬剤散布が必要。張り替えを行った後に散水が必要になり、病原菌が好む環境になるため予防散布が必要。

 葉枯病  降雨により激発することがある。発生個所や発生程度によっては薬剤散布が必要。
ベントグラス・ノシバ・コウライシバ共通
 フェアリーリング病  病原菌の菌糸が土壌の深くまで生息しているため、できるだけ散布水量は多い方がよい。
 ※7月のベントグラスでは今月に引き続き炭疽病、ダラースポット病、ピシウム病、細菌病(葉枯細菌病、褐条病)が発生し、新たにイエロースポットが認められる。日本芝では引き続きラージパッチ、葉枯病が発生する。



7月に注意すべき病害

ベントグラス / コウライシバ・ノシバ / ベントグラス・ノシバ・コウライシバ共通
ベントグラス
 赤焼病  初期は黄色い小型で楕円形の沈んだようなパッチ、次第に赤みを帯び拡大していく。一晩の内にでも急激に拡大していく。乾燥害の焼け症状に酷似しているため、疑わしい場合は土壌水分計または検土杖を用いて土壌水分の確認を確認する。

 炭疽病  先月に引き続き発生する。下葉が赤褐色に枯れ、不定形パッチを形成する。防除には定期的な予防散布が必須。

 細菌性病害  葉枯細菌病と褐条病が発生。褐条病は判別が難しい。乾きにくいグリーンカラーでの発生が多い。細菌性病害には一般に風通しの改善、刈高を上げるなどの対応が有効。

 葉腐病(ブラウンパッチ)  降雨後に発生が目立つ。進展が早いので発生時は早めに薬剤対応。

 ダラースポット病  先月に引き続き発生。日照、風通しの改善、露落とし、窒素不足にしないなどの対応が重要。多発時には、ローテーションによる薬剤散布が必要。

 イエロースポット  発生には年次変動がある。本病によって芽数が減少することはまずないが、良く目立つ。

コウライシバ・ノシバ
 葉腐病(ラージパッチ)  気温が高く降雨が続く時には発生や拡大に注意。殺菌剤の残効切れになる場合には薬剤散布が必要。梅雨中の発生には注意し、タンク車等がコースに入りにくい場合には、粒剤で対応。

 ダラースポット病  降雨が多いと発生しやすい。フェアウェイ全面でなくとも目立つところは適用のある薬剤を散布。

 葉枯病  降雨により発生が増える。激発の場合には薬剤散布が必要。
ベントグラス・ノシバ・コウライシバ共通
 フェアリーリング病  薬剤やシバフタケなどのリングの種類によっては、少水量では十分な効果が得られないことがあるので注意。
 ※8月のベントグラスでは今月に引き続き炭疽病、赤焼病、細菌病(葉枯細菌病、褐条病)が発生し、日本芝では葉枯病が発生する。