3月に注意すべき病害

ベントグラス / コウライシバ・ノシバ / コウライシバ・ノシバ・ベントグラス
ベントグラス
 細菌性病害  かさ枯病と葉枯細菌病がグリーンの周縁部からグリーンカラーにかけて発生。特にかさ枯病は今月から目立ってくる。細菌性病害全般に風通しの改善、刈高を上げるなどの耕種的防除が良い。かさ枯病に対しては予防的には有機銅剤が有効。発生後には治療的な抗生物質剤(アグリマイシン-100)があるが、アグリマイシン-100はベントグラスに登録はあるものの、その使用は生産圃場に限られている。一般のプレーヤーとの接触を避けるのが目的で、ゴルフ場ではナーセリー等での使用に限る。

 炭疽病ダラースポット病  暖かくなるのが早ければ発生することがあるので注意が必要。特に初期診断が容易なダラースポット病には発生初期の徹底散布が有効。

 疑似葉腐病(ウィンターパッチ、イエローパッチ)  発生に年次変動が激しいが、必要に応じて薬剤対応する。

コウライシバ・ノシバ
 葉腐病(ラージパッチ)  暖かくなるのが早ければ発生することがある。この場合、特に降雨後は注意が必要で、春の予防散布が早まると残効切れの心配が生じる。

 疑似葉腐病(春はげ症)  芝の立ち上がりと共に目立つ。春の薬剤散布は効果が無いが、散水やコアリングなどの更新作業で回復促進が期待できる。

 立枯病(ゾイシアデクライン)・ネクロティックリングスポット病  薬剤散布は秋の予防散布が最も有効であるが、秋より効果は劣るものの、春の散布も有効なので昨年多発した場所には散布した方が良い。

コウライシバ・ノシバ・ベントグラス
 雪腐病  関西では主に褐色小粒菌核病が一定期間根雪がある所で発生し、融雪後に本病のパッチや小粒の菌核が見られる。紅色雪腐病(年次変動が大きい)、褐色雪腐病(グリーンでは確認していない)は積雪が無くても発生する。いずれの雪腐病も病原菌が異なり、有効な殺菌剤も異なるのでどの雪腐病が発生しているかを把握する必要がある。判断に迷う場合は研究所にご連絡を。
※4月のベントグラスでは、かさ枯病の症状が目立ち、ダラースポット病、炭疽病が発生しだす。日本芝では春はげ症が確認され、ラージパッチ、ゾイシアデクライン、ネクロティックリングスポット病が発生してくる。



4月に注意すべき病害

ベントグラス / コウライシバ・ノシバ / ベントグラス・コウライシバ・ノシバ
ベントグラス
 ダラースポット病  露などがターフ面に長く残る状態や極度のN不足は避ける。毎年、激発し防除に困る場合には、発生が予想される1、2週間前から菌密度を上げないよう予防散布を開始し、本病の発生期間中には定期的に殺菌剤をローテーション散布する。

 細菌性病害  かさ枯病と葉枯細菌病が発生。かさ枯病は 4月中旬まで最も症状が目立つ。風通しの改善、刈高を上げるなどが有効。かさ枯病に対して予防的には有機銅剤が有効。治療的な抗生物質剤(アグリマイシン-100)もあるが、アグリマイシン-100はベントグラスに登録はあるものの、その使用は生産圃場に限られている。これはプレーヤーとの接触を避けるためで、ゴルフ場ではナーセリー等での使用に限る。

 ピシウム病  水みちに沿って発生する事が多い。パッチは赤褐色から黒味を帯び、葉は軟腐する。

 炭疽病  初期は黄色、徐々に赤みを帯びて縁がはっきりしない小型不整形のパッチを形成。融合しながら拡大していく。

 立枯病(テイクオールパッチ)  最近はあまり見かけないが、補修用に播種した場合の比較的若い芝に発生しやすい。

コウライシバ・ノシバ
 葉腐病(ラージパッチ)  4月頃から発生しやすく、降雨後は特に注意が必要。予防散布が有効。4月に散布を行った場合は5、6月の残効切れに注意。

 疑似葉腐病(春はげ症)  芝の立ち上がりと共に目立ってくる。春の薬剤散布はほとんど効果はないが、これに散水やコアリングなどの更新作業を組み合わすと回復促進効果が期待できる。

 立枯病(ゾイシアデクライン)・ネクロティックリングスポット病  薬剤処理は秋の予防散布が最も有効。春の散布も有効で回復を早める。

ベントグラス・コウライシバ・ノシバ
 フェアリーリング病  前年度の激発箇所には今月から早めの薬剤散布が望ましい。薬剤やリングの種類によって(例えばシバフタケ)は少水量では十分な効果が得られない事があるので、注意が必要。
 ※5月のベントグラスには上記の病害に加え、例数は少ないが褐条病(細菌病)が発生する。コウライシバ、ノシバには葉枯病(犬の足跡)、さび病が発生。