9月に注意すべき病害

ベントグラス / コウライシバ・ノシバ / コウライシバ・ノシバ・バミューダグラス / ベントグラス・コウライシバ・ノシバ / ベントグラス・コウライシバ・ノシバ・バミューダグラス
ベントグラス
 赤焼病  初期は黄色の小型の楕円形のパッチ、降雨後には急速に赤みを帯び拡大していく。本病は急激に進展するので、発病時には速やかに薬剤対応。残暑が厳しい場合には、9月後半であっても注意が必要。

 ピシウム病  葉は黒味を帯びて軟腐する。急激な進展はしにくいものの、発生時には早めの薬剤対応が有効。

 炭疽病  先月に引き続き発生するので注意が必要。

 細菌性病害  葉枯細菌病と褐条病が発生。褐条病かどうか迷われた場合には研究所にご連絡を。 細菌性病害全般には、風通しの改善、刈高を上げるなどの耕種的防除が有効。

 葉腐病(ブラウンパッチ)  降雨後に発生が目立つ。進展が速いので発生時は早めに薬剤対応。

コウライシバ・ノシバ
 葉腐病(ラージパッチ)  降雨後は特に注意が必要。色々な理由で殺菌剤の散布時期が遅れた場合には、年内の散布も有効と思われる。

 立枯病(ゾイシアディクライン、ネクロティックリングスポット病)  秋に再発する場合もある。来春の発生予防のため、多発の場合には今秋に2〜3回の予防散布が有効。

 疑似葉腐病(象の足跡)  昨年発生し問題となった場所には予防散布。発生後の散布では十分な効果が得られないことがある。

コウライシバ・ノシバ・バミューダグラス
 葉枯病  多発する場合や目立つ箇所には薬剤対応が必要。

ベントグラス・コウライシバ・ノシバ
 フェアリーリング病  先月に引き続き発生。水量が少ないと効果が低下する薬剤もあるので注意。

ベントグラス・コウライシバ・ノシバ・バミューダグラス
 ダラースポット病  9月より再発することが多い。グリーンで発生した場合にはごく初期の殺菌剤対応が肝要。
※10月のベントグラスには炭疽病、葉枯細菌病、ダラースポット病が発生。コウライシバ・ノシバでは、9月末から引き続きゾイシアデクラインとネクロティックリングスポット病の秋の予防散布の時期である。ラージパッチの発生にも注意が必要。



10月に注意すべき病害

ベントグラス / コウライシバ・ノシバ / コウライシバ、ノシバ、バミューダグラス
ベントグラス
 ダラースポット病  早めの殺菌剤対応。秋遅くに発生すると回復が難しい。

 ピシウム病  葉は黒味を帯びて軟腐する。急激な進展はないものの、発生時は早めに薬剤対応。

 炭疽病  初期は黄色で、縁がはっきりしない小型で不整形のパッチを形成。徐々に赤みを帯び、融合しながら拡大していく。発生時には早めに薬剤対応。

 細菌性病害  葉枯細菌病が発生。細菌性病害全般に風通しの改善、刈高を上げるなどの生育環境改善が有効。

コウライシバ・ノシバ
 葉腐病(ラージパッチ)  降雨後、特に注意が必要。殺菌剤散布の遅れにより冬に被害を持ち越さないように注意。

 立枯病(ゾイシアディクライン)・ネクロティックリングスポット病  秋に再発することもある。春の発生に備えて秋に2〜3回の予防散布が必要になることが多く、盆過ぎに涼しくなり秋雨もあったりして、先月末からが防除適期になった。

 疑似葉腐病(象の足跡)  ラフなど刈高の高い所に発生しやすい。発生後の散布では効果が見られない事がある。

 疑似葉腐病(春はげ症)  10月末から11月にかけて予防散布の時期。10月半ばまでにラージパッチと併せて薬剤散布を行う場合には本病に対して残効切れになることもあるので注意が必要。

コウライシバ・ノシバ・バミューダグラス
 葉枯病  秋に発生すると回復が遅い。目立つ箇所では早めの薬剤対応が必要。
※11月のベントグラスでは、10月に引き続き葉枯細菌病、ダラースポット病が発生。寒くなるのが早ければかさ枯病も出始める。コウライシバ・ノシバでは10月に引き続き立枯病、ネクロティックリングスポット病、春はげ症の秋の予防散布の時期である。暖かくて時雨があれば、ラージパッチの再発にも注意が必要。