ご意見・ご感想はこちらまで

一般財団法人 関西グリーン研究所
研究室〒665-0000 TEL:0797-72-4474
 宝塚市小林字南畑226-1
事務局〒550-0002 TEL:06-6445-3556
 大阪市西区江戸堀1-2-16 山下ビル3階

最終更新日付:2022年6月2日





このページをお気に入りに追加する

 
先月の病害虫・雑草発生確認情報
細菌病<兵庫東>ゾイシアディクライン<兵庫東>
炭疽病<兵庫東>ダラースポット病<研究所、奈良>
ヒメクグ<兵庫中、奈良、大阪>ヒメクグ<研究所>
メヒシバ<研究所>コガネムシ類幼虫、成虫<研究所、兵庫西>

「お知らせ」
”芝生管理者研修<基礎コース>の修了”



研究所案内に2021年度の決算報告書を掲示しました


6月からの芝管理
 昨年は5月16日に梅雨入り(後に6月7日に修正)するという状況もありましたが、今年は平年並みの見込みです。すでに5月下旬頃から雨の日が増えており、間もなく梅雨時期を迎えることになるでしょう。梅雨時期になるとラージパッチやダラースポットの病害が発生しやすくなるのは例年通りと思われますが、今年は5月の気温(特に夜温)が低いことで日本芝の張芝や生育不良部の回復が遅れている傾向が見られます。いずれも黄化症状が発生している場合は根の生育が不十分なことが多く、施肥を行っても直ぐに生育へ向かわない場合があります。液肥や鉄剤で様子を見て、特に粒肥の連用は控えて下さい。6月以降に急激な生育を示し、刈り込みが追い付かないこともあるので気を付けましょう。

「今月の管理」
”注意すべき病害(6月)”、”ベントグリーンのエアレーション”、”植物成長調整剤(抑制剤)の処理適期”、”大きくなると防除が困難な雑草”、”害虫対策”、”マツクイムシ対策の薬剤散布:”を 掲載

「先月の管理」
”注意すべき病害(5月)”、”ジェネラルエリア(スルーザグリーン)の目砂”、”コウライグリーンの更新作業は中〜下旬に”、”乾燥害、ドライスポット”、”マツクイムシ対策の地上散布”、”夏雑草の防除”、”夏雑草の防除”を 掲載

「先月のお知らせ」
”芝生管理者研修<基礎コース>の追加募集”