ご意見・ご感想はこちらまで

一般財団法人 関西グリーン研究所
研究室〒665-0000 TEL:0797-72-4474
 宝塚市小林字南畑226-1
事務局〒550-0002 TEL:06-6445-3556
 大阪市西区江戸堀1-2-16 山下ビル3階

最終更新日付:2021年10月6日





このページをお気に入りに追加する

 
先月の病害虫・雑草発生確認情報
カーブラリア葉枯病<研究所、兵庫東、大阪南>シバツトガ幼虫<研究所>
葉枯細菌病<奈良>ラージパッチ<兵庫中・東>
ダラースポット病(FW)<兵庫中・東・西>

「お知らせ」
”芝生管理者研修<中級コース>の募集 ”、”ゴルフコース管理士<ブロンズクラス>認定試験について”



研究所案内に2020年度の決算報告書を掲示しました


秋の訪れと今後の注意点
 短かった夏も終わり、残暑もあまり感じないまま10月を迎えました。この時期からは秋の対策としてラージパッチ予防や治療、スズメノカタビラ対策として除草剤処理が行われます。いずれも過去に発生が認められ、問題となった場所は高確率で発生することが考えられるため、発生前の予防処理は必須となります。しかし台風や前線の影響によっては降雨が続く場合も考えられ、予防処理を行っていても残効切れにより病害の発生、雑草の発生が見られる場合もあります。病害に関しては治療的な殺菌剤、雑草に対しては茎葉処理剤などの除草剤を用意しておく必要が考えられます。  今年は虫による被害は少ないように思いますが、秋の気温が高い場合には晩秋までヨトウムシ、コガネムシ、シバオサゾウムシの食害が続く場合があるので注意して下さい。

「今月の管理」
”注意すべき病害(10月)”、”ジェネラルエリアへの秋の施肥”、”タイヤスリップ等で芝生を傷めないように注意”、”スズメノカタビラ発生後の処理”、”害虫の発生”を 掲載

「先月の管理」
”注意すべき病害(9月)”、”台風に警戒”、”ジェネラルエリアへの施肥”、”生育不良部の回復”、”ベントグリーンへの更新作業”、”害虫対策”、”秋のスズメノカタビラ対策”を 掲載