ご意見・ご感想はこちらまで

一般財団法人 関西グリーン研究所
研究室〒665-0000 TEL:0797-72-4474
 宝塚市小林字南畑226-1
事務局〒550-0002 TEL:06-6445-3556
 大阪市西区江戸堀1-2-16 山下ビル3階

最終更新日付:2022年9月2日





このページをお気に入りに追加する

 
>
先月の病害虫・雑草発生確認情報
赤焼病研究所ベントグラス茎黒腐病(くきくろぐされびょう)奈良
炭疽病兵庫中葉枯細菌病兵庫中、奈良
スジキリヨトウ幼虫奈良

「お知らせ」
”第41回芝地用管理機械・資材総合展示会開催中止のお知らせ”



研究所案内に2021年度の決算報告書を掲示しました


夏の生育不良からの回復
 7月は雨が多く、8月は暑い夏になりました。ベントグリーンでは病害(ピシウム病、炭疽病、細菌病)や生理障害(乾燥・過湿害)などの報告がありましたが、皆さんのコースはうまく夏を乗り切れたでしょうか?ただし9月は残暑が厳しく、ベントグリーンの表面は問題なくても根は最も衰弱している時期になるので油断禁物です。根が衰弱しているとすぐに乾燥害やすり切れが現れやすくなり、肥料を与えても吸収しにくいことになります。また乾燥させないように散水が多くなると病気や藻が発生して芽数が減ることもあります。秋の新根が伸び出すまでは焦らず、それまでは低刈や重い転圧を避け、こまめな散水、肥培、病害管理に努め、最低気温が安定して20度を下回る頃になれば更新作業で根の回復促進を図っていくことも必要になります。

「今月の管理」
”注意すべき病害(9月)”、”台風に警戒”、”ジェネラルエリアへの施肥”、”生育不良部の回復”、”ベントグリーンへの更新作業”、”害虫対策”、”秋のスズメノカタビラ対策”を 掲載

「先月の管理」
”注意すべき病害(8月)”、”施肥と薄目砂…ベントグリーン”、”ベントグリーンの乾燥害に注意”、”シバツトガ、スジキリヨトウの幼虫防除”、”コガネムシ幼虫の防除”、”藻類の防除”を 掲載

「先月のお知らせ」
”芝生管理者研修<基礎コース>の修了”