ドウガネブイブイ

英名:Cupre0us chafer

学名:Anomala cuprea Hope

分類

コガネムシ科

体長

成虫:17〜25mmで、大型である。

幼虫:〜22mm、大きい。

体色

通常銅色〜緑銅色。ルーペで見ると背面に小さな点刻がある。

活動

樹木、果樹などの重要害虫。周辺にブドウ畑がある所では、日没から夜に飛翔し、グリーンなどに産卵し、幼虫による被害が現れる。

卵期間は9〜18日。

幼虫

7月上旬頃から現れ、軟らかい根を食べて成長する。幼虫期間は25゜Cで約32日。早朝に砂塚が形成されており、そこを掘ると幼虫が見つかりやすく、結構深くまで潜る。3齢幼虫で越冬する。

発生

6月〜10月に成虫が発生し、被害は食欲の旺盛な3齢幼虫が活動する8月〜10月に現れる。

*引用文献「目で見るゴルフ場の芝草・樹木害虫」 廿日出正美著 ソフトサイエンス社

      「最新芝生・芝草調査法」日本芝草学会編 ソフトサイエンス社

      「ゴルフ場の芝草等管理マニュアル」兵庫県農林水産部

ドウガネブイブイによる被害

ドウガネブイブイ幼虫による砂塚

ドウガネブイブイ幼虫。3時間ほど前に油さしで殺虫剤を注入したが、より深くに潜り込んでいる

ドウガネブイブイの線虫剤処理効果01年6月(処理00年9月)濃緑色部は幼虫が死んで栄養分となっている。

濃緑所部を掘り取った所の幼虫死骸部

幼虫の死骸

・登録農薬

ドウガネブイブイ発生MAP