タマナヤガ

英名 Cutworm

学名 Agrotis ipsilon Hufnagel

 

 

 

 


分類

ヤカ科。玉菜につく夜の蛾から名づけられている。

体長

成虫:約22mm程度の大型。

幼虫:約45mm程度で、太い。

体色

白褐色で、前翅に黒点がある。

活動

夜間に飛翔し、芝生地に産卵する。

直径1mm程度の乳白色で、まんじゅう型。

幼虫

体長は45mm程度に太く、大きくなる。昼間は地際や穴の中に潜み、夜間に這い出して、円形状に食害する。幼令が進むと食害が大きくなり、ボールマーク状に枯れが目立つようになる。被害の発生数は多くないが、一個の被害面積は大きく、問題になる。

発生

5月〜9月にかけてベントグリーンに発生しやすい。

防除

幼虫の発生初期に防除する。幼令が進んで大きくなると、薬剤効果が低下しやすい。

*引用文献「目で見るゴルフ場の芝草・樹木害虫」 廿日出正美著 ソフトサイエンス社

 

幼虫。太く、大きくなる。

 


被害が進むと、ボールマーク状に食害され、目立つ。被害部を穿り出すと幼虫を発見することができる。

被害状況。