病名

疑似葉腐病(イエローパッチ,ウインターパッチ)

病原体
(学名)

Binucleate Rhizoctonia AG-D(T)
telemorph Ceratobasidium cereale
(Syn.Rhizoctonia cerealis)

菌糸幅2.5μm〜5.3μm,平均4.1μm

英語名

Yellow patch,Winter patch

写真1:発病初期のパッチ型症状

写真2:2核のリゾクトニア菌の菌糸(矢印:核)

写真3:褐色リング型症状

写真4:温度による生育速度

菌糸生育温度―左から35,30,25,20,15,5℃下で11日間培養

試験管につけた●印は伸長した菌叢の先端部

写真5:黄色リング型症状

写真6:菌叢とその上に形成された菌核数の菌株による違い(右2枚:リング型,左2枚:パッチ型)

写真7: 葉の周りに蔓延した菌糸

写真8:発生初期〜中期における菌糸の葉面からの侵入

写真9:罹病葉内に伸張する菌糸

症  状 (診断のポイント)

@ 直径20〜50cmの円形パッチ(写真1,3,5参照)がターフ上に散在。3月下旬以降に自然治癒。

A パッチが黄色を呈して(写真10参照)イエローパッチと呼び、パッチの外周部が褐色を呈して(写真3参照)ウインターパッチとも言う。両者とも、パッチの色が薄いので、少しはなれて斜めから見たり、雨後や散水後、あるいは曇天時に観察すると良い。

B 侵害は地上部に限られて被害は軽いが、発生したターフの美観を損なう。播種1、2年目の幼若なターフでは、夏季の葉腐病(ブラウンパッチ)のように大型、不整形のパッチ、被害も大。

C 非積雪下の冬季のベントグリーンでは、同時に紅色雪腐病の発生することもあるが、紅色雪腐病は径10cm前後で、褐色で小さく、やがて周りが淡紅色〜赤紫色になるか、あるいは融合して不整形のパッチに拡大していくので、本病とは区別がつく。

D オーバーシードしたライグラスにも発生するが、被害は軽い。

写真10:黄色のパッチ(中央部:ペレニアルライグラス上)と褐色のパッチ(周り:クリーピングベントグラス上)

写真11:湿室内で形成させた気中菌糸

写真12:各種の病斑

発生消長と防除期

発 生 条 件

@ 主にベントグリーンに発生、またライグラスにも発生(写真10参照)。

A 窒素肥料が多いと発生しやすい。

B サンドグリーンで発生しやすい。

C 床土が比較的乾燥し、表層のみ湿った所で発生しやすい(写真13,14参照)。

D 防霜ネットをかけて激発したことがある(写真15参照)

写真13:木立に囲まれた日当たりの悪いサブグリーン

写真14:同左のサブグリーンは遅くまで朝露が残り、本病が多発

写真15:防霜ネットを長期間かけ放置したサブグリーンに大発生したイエローパッチ

防  除

予防作業

@ 日常的には、サッチを除去。

A 窒素肥料の多用を避け、バランスのよい施肥。

B 冬季でも潅水を怠らない。

C 発生を未然に防ぐ必要がある場合には、薬剤散布。

治療対策

 通常、本病によって枯死することはないが、使用頻度が低いグリーンなどで防霜ネットをかけ長く放置して激発したことがある(写真参照)。しかし、シバの生育が悪い時期であるため、パッチは消失しない。

写真16:防除試験(上:イソプロチオラン・フルトラニル剤,下:ポリオキシン剤,右:無散布)

文   献

第一研究室(2003-Jan.).病害情報ネットワーク:疑似葉腐病[イエローパッチ(ウインターパッチ)].ターフニュースNo.87:25〜30.