雪腐大粒菌核病

病徴及び伝染経路

写真:兵庫県Tカントリークラブ H.H.氏 提供

 積雪下の茎葉が水浸状に枯れ、融雪後乾くと漂白されたように白くなる。黒色で平たい比較的大きな菌核が葉鞘のすき間に形成される。枯死した葉鞘を通して菌核が透けて見えることがある。

 晩秋に菌核から胞子(子のう胞子)が飛散して植物に付着する。付着した胞子は積雪とともに発芽して侵入する。