病 名 ダラースポット病 病原体

(学名)
Sclerotinia homoeocarpa F.T.Bennett

菌糸幅3.3μm〜8.3μm,平均5.2μm
英 語 名 Dollar spot

写真1:融合が見られるダラースポット病

写真2:発生初期の罹病葉上に蔓延する菌糸

写真3:発生初期の罹病葉上を分岐、伸張する菌糸

写真4:発生初期の罹病葉上を分岐、伸張する菌糸


写真5:発生初期〜中期における菌糸の葉面から侵入 


写真6:侵入菌糸と宿主組織の損傷状況


写真7:宿主内での増殖後にみられる本菌菌糸の宿主からの脱出
症  状 (診断のポイント)
@   初期には直径1〜2cmの黄緑色〜淡褐色の沈んだようなスポット(写真8)が主としてグリーン周辺部に散在。

A   発生の中〜後期にはスポットが拡大融合し、灰白色の不整形のパッチ(写真1と9の右)となる。病勢が強いと、地下部まで侵されて枯れこんで裸地化していく(写真9の右)。写真右のとくに、グリーンカラーなど高めに刈ったシバでは、枯れ込みが激しい。

感染葉上の病斑は、初め退緑を起こし、続いて水浸状になって最終的には脱色されたようになる(写真10,11)。

また、病斑は黄褐色〜赤褐色の縁で区切られているのが特徴で、この病斑が葉全体に広がる。病斑は砂時計のような形になることもある。一般に葉先から枯れ上がる(写真12)。赤葉腐、カッパースポット病、葉腐病(ブラウンパッチ)、ピシウム病などと混同しやすい。

※進行中のパッチの縁からボールマーク大のサンプルを採集し、ビニール袋内の湿室(写真13)に室温で一夜保つと、灰白色くもの巣状の菌糸の集塊(写真14)をサンプル上に生じるので、確認できる。しかし、この状態ではピシウム菌、ニグロスポラ菌、リゾクトニア菌との区別が困難である。念のため本病であることを最終確認するには、白色、有隔の病原菌がシバ体内に侵入し、細胞壁を貫通して蔓延していることを顕微鏡観察する(写真2〜7)。


写真8:朝露とくもの巣状の本菌の菌糸塊


写真9:朝露とくもの巣状の本菌の菌糸塊


写真10:罹病部位にみられる菌叢


写真11:病気がかなり進行した部位にみられる菌叢


写真12:各種の病斑

写真13:ビニール袋の湿室内で形成させた菌糸塊

写真14:罹病部位にみられる菌叢
発 生 条 件
@    宿主範囲は広く、洋芝以外にコウライシバ、ノシバを侵すが、実害のあるのはベントグラスである。

A    排水のよいサンドグリーンで発生しやすい。

B    木陰で風通しが悪く、露が長く残るところには発生しやすく、盛夏でも進行する。

C    グリーンの周辺部に発生しやすい(写真15,16)。

D    窒素肥料が不足すると発生しやすい。

E    グリーンモアにより罹病葉が健全部に飛散すると、直線的に発生することもある。


写真15:窒素肥料を少なくして管理しているグリーン


写真16:枯れ込みを伴ったダラースポット病の発生状況

防  除

予防作業

@    抵抗性品種を用いる。

A    根部の過乾燥(軽い乾燥害)を避ける。

B    木陰で風通しが悪く、露が長く残るところは改善する。

C    窒素不足にしない。

D    グリーンモアなどでの伝播を防ぐように注意する。

E    本病に続いて炭疽病、葉腐病(ブラウンパッチ)、赤焼病やピシウム病が発生してくるので、これらに有効な混合剤を用いるとよい。

治療対策

@    抗菌スペクトルが狭く、浸透性のある治療効果が高い殺菌剤を散布する(写真17の右半分)。

A    晩春〜初夏の発生にはスポット散布でこと足りるが、入梅期の激発時には全面散布が求められる(写真17)。

晩夏〜初夏の発生に対してでも、防除適期を逃しかつ窒素不足にしておくと、芽数が減ったままで部分的に裸地化する(写真15,16)。

秋に発生して融合したパッチは跡は、回復することなく張り変えが必要となる。


写真17:多発したダラースポット病に対する殺菌剤の治療効果