細菌病

診断のポイントと対策

標準的な症状

色、形

茶褐色

不整形

大きさ

直径  

cm

発生要因

不明

その他

 

罹病葉


菌泥

応急処置(薬剤対応)

緊急対応

ストレプトマイシン液剤の試験使用

その必用のない場合

現在のところ、登録農薬がないので、以下のような耕種的防除に頼らざるを得ない

(研究成果は皆無でイネ科植物、イネ科の牧草、飼料作物などの知見を参考にすること)。
  1. 窒素過多、高いpH、床土の過湿を避ける。
  2. 低〜高温性の病原力に強弱がある細菌の関与が考えられる。
  3. 感染は、出芽時やそれ以外の場合でも傷口、水孔などを通して周辺の雑草、散水用の水により起こる可能性が高い。
  4. サッチ、種子を含む罹病組織内で耐久生存する可能性がある。
  5. 連続降雨、風雨で伝染し、品種間差があると思われる。

類似症状との違い

病原細菌により枯死した
スズメノカタビラ

 自然枯死した
スズメノカタビラ
自然枯死との違い
自然枯死―黄白化〜白化
病原細菌による枯死―かなり鮮やかに黄化
最終的には病原細菌の菌泥による存否で診断する。